Podcast

ミニマルな暮らしにまだ憧れてる

音声で聞きたい方はこちら


ご質問はstand.fmのレターへお願いします


ざっくり台本

■テーマ
ミニマルな暮らしにまだ憧れてる


今回は「ミニマルな暮らしにまだ憧れてる」というかなり個人的なテーマでお話をします。なぜこの話をしようと思ったかと言うと、日々お部屋の整理整頓をざっくりしてて、また捨てたい欲にかられた。


ミニマルとは、英語で「できるかぎりわずかの」「可能な限り少ない」


洋服や小物、文房具、デジタルデータ(写真)など


アウター15
トップス193
ボトムス18
ワンピース31
ストール11
水着5
バッグ21

下着や靴下、タイツなど以外はすべて写真に収めている
靴はおさめてない


日本にいると特にオシャレな方も多いし自分もオシャレをしたい欲が湧いてくる


ミニマルな暮らしに憧れたきっかけになった本
「シンプルに生きる―変哲のないものに喜びをみつけ、味わう ã€ãƒ‰ãƒŸãƒ‹ãƒƒã‚¯ãƒ»ãƒ­ãƒ¼ãƒ›ãƒ¼


日本のミニマリズムブームの原点となった本、家中の整理、お金、時間、人づきあいなどの具体的アドバイスが満載。引き算をする暮らしがなぜ人生を豊かなものにするのかをつづっている内容です。 こころの充実、自分のお気に入りだけに囲まれる幸せなど。「今あるものに目を向ける。」というのが一つのキーワードになるのかなと思う。


昔、アパレルのショップ店員をしていた時は、洋服を買いあさっていた。質より量で勝負。モノにあふれかえっていた時代。もともと洋服が好きで始めたアパレル店員ではなかった。


未だに断捨離、ミニマル、シンプルライフとか検索してブログを読んだりYouTubeを見てる。この行動からふと、憧れがあるんだなーって、思うことがある。


じゃあやれば?ってことだけど、日本にいると地味に難しい。というか、振り切れない自分がいる。


今はリモートワークが多く、コロナの関係で外出も減り、私も基本は家で仕事をしているので、誰とも会わないからできるけど、心がまだ覚悟定まらない状態。


身軽でいるって心が軽い。部屋の乱れは、心の乱れ?いろいろ適当になってるとき、部屋も乱れ始める。部屋の状態を見れば自分の今の状態を客観視できる。自分の心地よいミニマルなサイズで日々を過ごす。

-Podcast

© 2023 SABO BLOG 🌵 Powered by AFFINGER5