Podcast

ゆる雑談「ウォンバントのおしり」

音声で聞きたい方はこちら


ご質問はstand.fmのレターへお願いします


ざっくり台本

■テーマ
ゆる雑談「ウォンバントのおしり」


ウォンバントの特徴
・うんちは四角
・おしりが武器
・体重20kgくらい
・全長1mくらい

Sleepy Burrows Wombat Sanctuary
https://sleepyburrows.com.au/


寄付したらウォンバサダーになれる。


この奇妙な形のうんちがどのように作り出されるかという疑問を解消するべく、研究者たちは奮闘を続けています。


2018年11月にジョージア工科大学の研究結果によると、ウォンバットのうんちは腸の最後の部分で圧力がかけられ固くなるとのこと。しかしこの研究の際にウォンバットの腸の中には弾力性のある2つの小さな溝があることが判明するも、その機能については謎が残ったままとなりました。


乾燥したうんちはさまざまな地形に重ねて置くことが可能で、高台でうんちをすることを好むウォンバットの性質からも「縄張りの主張や目印にするために立方体の形状をとっているのでは」と推測されていますが、詳しいことはまだ分かっていません。


ウォンバットの四角いうんちの研究で2019年にイグノーベル物理学賞を受賞したこともある研究チームですが、今回の研究結果は「飼育下のウォンバットの健康管理に役立つ」と主張しています。論文の共著者であるデビッド・フー氏は、「うんちが四角ければ四角いほどウォンバットは健康ですが、飼育されたウォンバットのうんちは、しばしば野生の個体ほど四角くないことがあります」と話しました。


-Podcast

© 2023 SABO BLOG 🌵 Powered by AFFINGER5