Podcast

主導権は常に自分にある!「理想のカタチ」になったらトレードしてあげる!違う形は手放そう。すぐ撤退!

音声で聞きたい方はこちら

別の音声配信プラットフォームで聞きたい方はこちら

▶ Spotify
▶ Anchor
▶ Apple Podcast
▶ Google Podcast

ご質問はstand.fmのレターへお願いします


この放送でご紹介した動画


動画をクリックすると下記からスタートします。

03:53 主導権は常に自分にある!「理想のカタチ」になったらトレードしてあげる!違う形は手放そう。すぐ撤退!

ざっくり台本

はじめに
・今日は4/5火曜日、くもり
・今朝のチャート分析動画の中の前日のレビューで解説した内容について深堀り、追加でお話をします
・動画リリースした後で、これもお話したらよかったと思うことが意外と多くて…
・なので、これからは、追加でお話したいと思ったことはポッドキャストで解説してみようかなと思います
・詳細に動画のリンクを貼っておくので、お時間があれば見て下さい、見た方が理解しやすいかも


主導権は常に自分にある!「理想のカタチ」になったらトレードしてあげる!違う形は手放そう。すぐ撤退!
・これ、意味わかりますか?
・昔の私は、頭では理解できるけど体は思うように動かなかったタイプ
・言い換えると、初心者あるあるのポジポジ病(しかもポジポジ病と認識してないレベル、悪質なタイプ
・その行動の原因を深堀してみると、自分にとってのチャートの「理想のカタチ」というエントリールールが明確ではなかったから
・だから、とりあえず、ふんわりエントリーしておこうという気持ちでエントリーしていたんだと思う


後出しじゃんけんでOK
・トレード始めてすぐの時に、Twitter界隈で有名なトレーダーさんにトレードは「後出しじゃんけんでいい」とアドバイスもらった
・相手がグーが出たら自分はパーを出すと勝てる、ということ
・別の例えに変えてみると、もし自分が面接官ならば、採用したい理想の人材が応募してきてくれたら面接してオファーするし、理想の人材が来なかったらオファーしない、というよりオファーできない
・トレードも同じというのは、理解はできるけど、当時の私は全く出来きませんでしたw
・どうしてもエントリーが早すぎて、チャートが理想のカタチに近づく可能性があると勝手に妄想だけでエントリーをしていた
・ただ、損切水準は決めていて、損切りされるのを納得の上でエントリーをしていたので、それはそれで一つのトレードスタイルでもあると割り切って、損切込みでトータルプラスに持っていけばOKだと考えていたので、大体1,2回目のエントリーは損切になる確率80~90%くらいだった気がする
・一番問題なのは、損切ができないのに、適当にエントリーすること
・それだけは、何とか回避できていた


初心者の時の悩み

1,エントリーが早い(含み損になる、損切になる、損切貧乏になる
2,損切ができない
3,利益欲しさにロットを上げまくるw(ロットを下げるのに苦労した)逆に、ロットを上げられない人もいると聞く。ロットを上げられない場合は、上げなくていいんじゃない?複利で増やせばOKだし、もともとの性格が慎重なんだと思います。ロットを上げまくるタイプは、大きくプラスになることもあれば、破滅もあります。私は慎重派ではまったくなく、あたって砕けるタイプです。そしてくだけて血まみれになっても気づかず歩き出すタイプ。今はこれでもだいぶ慎重になれるよう心がけて生活をしています。
これらは今もあるけど、今は悩み事ではなくなった


なぜ悩み事ではなくなったのか?
・ひと言でまとめると、「場数を踏んで経験値が長くなったのと、Forex Testerなので過去検証をして自力で集めた信頼ができるデータがあるから」です
・エントリーが早い問題は、FXは期待値でトレードをする作業なので、自分の過去検証の結果や経験値から、ここが期待値が高いと思ってエントリーしても値動きがどうなるのかなんてだれもわからない
・例えば、毎回同じようなショートエントリーをした場合でも、ストンとすぐ下降する日もあれば、じわじわゆっくり下降する日もあれば、上昇する日だってある
・日々違う動きをする中で、その中でも「チャートが理想のカタチになって、下降する確率が高いということでエントリーを執行する」この一連のアクションがトレードをするということであれば、そこにエントリーが早いという概念すらないんじゃない?と思い始めた
・いろんなパターンがあるというのが、頭で理解ではなく自分の中でふと腑に落ちた時、結構納得できる気がする。私はそうだった。
・損切ができない問題は、これはその人それぞれに抱えてる課題が違うから一概に言えないけど、私の場合は、大体ロットが大きすぎて損切ができなくなることが多かった、なのでロットを下げることで解決
・だけど、私の場合は、ロットをいつも上げたくなる問題があったw なかなかやっかいです。
・半年間は0.01ロット固定でするんだ!と決めても証拠金が増えると1か月も経たないうちにロットを上げ始める。病気です。なので、自分の中では病気だと認定したうえで、いずれの未来の楽しみに取っておくことにしました
・トレードスキルを磨くには、ロットの概念は不要というのが理解できたらよりロットに執着がわかなくなった、興味がなくなった感じ


気づいたきっかけ
・場数を踏む
・経験が長くなってきた
・Forex Testerなどで過去検証して自力で集めたデータ
・自分の足で歩いた道だから覚えることができる
・自分の中で、納得ができるようになり始める
・エントリー早い問題も、そんなものだという気持ち
・損切できない問題は、ロットを下げる、損切こそが豊かになる近道だと知った
・ロット上げたくなる問題も、スキルにはロットの概念は不要とわかる


まとめ
・主導権は常に自分にある!「理想のカタチ」になったらトレードしてあげる!違う形は手放そう。すぐ撤退!
・受け身ではなく、自分の軸を基準に主導権を持って、判断を下すことが大切
・その基準を持つために、自部の軸を持つために、過去検証や場数を踏むことが大切
・もしなかなか過去検証をする時間が取れないと思う方は、私が配信している毎朝のチャート分析動画を毎日見るだけでも何かヒントは得られるかもしれない
・1本長くても10分以内なので、前日のレビューの部分だけだと5分くらいで見れるはず、2倍速なら3分以内
・私もまだまだ道半ばです、一緒にスキルアップ頑張りましょう!


今日はこの辺で終わります。最後まで聞いていただき、ありがとうございます。それでは、次の配信でお会いしましょう♪

-Podcast

© 2023 SABO BLOG 🌵 Powered by AFFINGER5